勤めている企業内で、ISO 9001規格のセミナーと合わせて語学セミナーを受けたことがあります。語学セミナーの主な目的は、英語でメールの書き方を学ぶものでした。

英語は得意な方だったのですが、海外の取引先にメールを送る時に、使うべき表現をあまり知っているわけではありませんでした。そのような私にとっては、英語のセミナーがとても役に立ったのです。というのも、セミナーでは、使うべき語彙や文法を始めとして、表現の方法を具体的に教えてもらうことができたからです。

教えてくれた先生は、アメリカ人の先生で、英語のネイティブスピーカーでした。ネイティブがよく使う表現を教えてもらうこともでき、非常に勉強になりました。

セミナーを終えた後には、習った表現を積極的に使って、メールを送信するようにしています。以前よりも英語力がアップした気になれたので、とても良かったです。仕事のモチベーションも高まるようになりました。それ以来、今でもメールの書き方を学ぶ努力をしています。