企業ではどんどんとコピーをされていく。
それはもう湯水のように使われていくコピー用紙。
その使用を劇的に減らすたった一つの方法があります。
両面印刷をする?
コスト意識を徹底させる?
いいえ違います。
それは「コピー機をフロアからなくす、またはフロアに1つにし、人にコピーを頼むことを禁止する」です。
確かに近くにあればすごく便利です。さっとコピーできます。
便利だから使うのです。使ってしまうのです。
そこにコスト意識はありません。コピーした方が便利で頭に入り易いと思っているからコピーするのです。
じゃあそれが不便になったらどうでしょう。
いちいち遠いコピー機まで取りに行かなくちゃいけない→立ち上がるのが面倒→しかも順番待ちだ→コピーしなくても良いかな→コピーしない
これで解決です。ISO14001にこれから対応するにしても、まずは身近な一歩からです。
実際に必要のない資料等をわざわざ印刷する人にコスト意識うんぬんを語ってもあまり効果はありません。コピーをしないことがその人にとって何のメリットにもならないですから。
しかし、コピーをすることによって「面倒だ」というデメリットが生じればコピーの枚数は格段に減ります。
特にコピーを大量にするのは世代が上の人が多い傾向にありますが、そういう人たちはわざわざ遠いコピー機まで歩くことをためらうので効果はてきめんです。