紙の節約方法として、裏紙利用をすることが挙げられます。サイズごとに裏紙をストックしておき、裏面にそちらが裏面であることを示すスタンプを押したり、用紙の四隅のうち、たとえば裏面を下にして右上角などと決めておき、その角を切り落としておくなどして、利用できるようにします。保存を要しない内部で使用する文書やメモ用紙の作成などは裏紙利用を奨励することで節約になります。
また、シュレッダーによる裁断屑や冊子などの紙ゴミは業者に依頼して回収してリサイクルしてもらうようにすることで、処分費用の節約や資源そのものの節約にもつながります。
紙以外にもゴミを分別することで、場合によっては有料で、回収してもらえる場合もあります。
電気を多く使用するのは、パソコン等の機器類は必須として、やはり空調機だと思います。空調機の使用電力が一定の量を上回った場合、警告してくれるようなデマンド監視装置があります。我が社はISOでエネルギーマネジメントシステムの管理が厳しいです。これを導入すれば、知らず知らずのうちに使いすぎていたということはなくなるかもしれません。また、空調機は始動時が一番電力を使います。空調機を複数の部屋で使用する場合は、始動開始時間をずらすことで電力量を抑えることができます。